--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.15

髪結いの亭主

髪結いの亭主
監督: パトリス・ルコント

出演: ジャン・ロシュフォール, アンナ・ガリエナ, ロラン・ベルタン

ちょっと風変わりな少年アントワーヌは床屋に行くのが好きで、まだ髪が伸びてもいないのにせっせと床屋に通った。
シャンプーのときにちらっと見える女主人の豊満な胸がアントワーヌを床屋に通わせたのだ。そして、将来は髪結いの亭主になると決めていた。

大人になり、もう初老にさしかかろうとした彼はマチルドという美しい理容師に出会い、念願の髪結いの亭主になる。
二人だけの空間で愛のある幸せな日々を過ごす。
しかし、ラストに物語は意外な方向へと向かっていく…。

90分たらずの作品で観始めるとあっという間に終わってしまい、何ともいえない余韻が残る。
初めて観たときしばらくはほかの映画を観たくなかったほど感動してしまった。
歳をとってもまるっきり心は少年のままのアントワーヌ。最初のシーンで自分で髪を刈るシーンが結末を物語っていて、より哀しい。



にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

Posted at 20:40 | 映画ーカ行 | COM(2) | TB(0) |
2008.07.14

サルバドル

サルバドル-遥かなる日々-〈特別編〉
監督: オリバー・ストーン

出演: ジェームズ・ウッズ, ジェームズ・ベルーシ,
ジョン・サベージ, エルペディア・カリロ


実在のジャーナリスト、リチャード・ボイルは、落ちぶれ、金に困った末、手っ取り早くスクープを撮って金を都合しようと、内線の続くエル・サルバドルの危険な取材を試みた。

ところが現地では、セジュラという身分証明書を持っていないだけで一般国民が兵士に処刑されてしまい、また、子供がゲリラとなり戦っているといったひどい状態だった。
政府による不正と賄賂、無差別な殺戮…、それらをアメリカのメディアは商業的に、自らの損得のために報道している。

ジェームズ・ウッズ演じるリチャード・ボイルも最初は彼らと同じだった。しかも、知り合いを見つけては金や酒をせびるといっただらしのなさだ。
しかしそういったヤッピーな報道陣に反感を持ち、個人的な事件も絡んできてだんだん深みにはまっていく。そして最後には正義感なんかも芽生えてきてしまう。

ジェームズ・ウッズはチャラチャラしたごくつぶしの役を非常にうまく演じていた。
音楽も印象深く、オープニングはニュース報道のような心騒ぐもので、エンディングは物悲しくちょっと涙を誘われてしまった。


にほんブログ村 映画ブログへ


Posted at 17:05 | 映画ーサ行 | COM(1) | TB(0) |
2008.07.12

アルフィー

アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション
監督: チャールズ・シャイア

出演: ジュード・ロウ , マリサ・トメイ , デイヴ・スチュワート,
ニア・ロング , スーザン・サランドン , シエナ・ミラー

イギリス人の独身男性アルフィー。
彼の好みの女性は外見重視。また、彼自身も外見にこだわる、中身のない鼻持ちならないやつである。
彼は特定の恋人を持たずに複数の女性とお気楽につきあっている。
物語でアルフィーはそれぞれの女性たちのことをカメラに向かって話す。
まるで彼女たちを見透かしているかのように…。
しかしそれはまったくの独りよがりで、ストーリーが進むにつれ明らかになっていく。

主役のプレイボーイ「アルフィー」をジュード・ロウが軽快に演じている。
始めは格好良いアルフィーが、彼を取り巻く女性たちにふられて、気が付けばひとりぼっちになって、少しものを考えるようになる。

親友の彼女にまで手を出す貞操のなさが、あとでえらい目に遭うのだが、少しかわいそうにも思えてくる。
人間だって理性を見失って本能で行動してしまうこともあるでしょうから。
そのやるせなさが、劇中流れるミック・ジャガーの曲とうまく合っていた。

ちなみにこの作品はリメイクで、オリジナルの「アルフィー」はマイケル・ケインが演じているのだが、当時の彼とジュード・ロウはとても良く似ている!


にほんブログ村 映画ブログへ


Posted at 23:37 | 映画ーア行 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.11

ファム・ファタール

ファム・ファタール
監督: ブライアン・デ・パルマ

出演: レベッカ・ローミン=ステイモス, アントニオ・バンデラス,
ピーター・コヨーテ, グレッグ・ヘンリー

本作はデ・パルマ監督のファンなら誰もが楽しめた作品だと思う。
実際、わたしも何度も観た。

冒頭のカンヌ映画祭のレッドカーペットからなるシーン。
二人の美しい女性のレズシーン。鼻の下の短い美しい横顔といったら!
おまけに大好きなかわいいネコまで登場する。

作中、デ・パルマお得意の分割場面や、ブロンドとブルネットの女性、セクシーなダンスシーン、カメラワークなど楽しめる要素がたくさんある。
ストーリーで言えば、「デジャヴや"夢"といった都合のいいもので、ミステリアスな話をつじつまが合うように持っていったのでは」と思われていても仕方がないのだが、理屈抜きでデ・パルマの映画を楽しむファンにとっては充分満足がいけた作品ではないかと思う。

残念ながら映画館での観ることができなかったのでDVDでの鑑賞になったのだが、映画館で観たかったと悔やんでならないほど。
余談だけど、次作の「ブラック・ダリア」を相当な期待で映画館に観に行ったのだがハズレてしまってダブルで悔しい思いをしてしまった! 

にほんブログ村 映画ブログへ



Posted at 21:43 | 映画ーハ行 | COM(2) | TB(1) |
2008.07.10

夜になるまえに

夜になるまえに【廉価2500円版】
監督: ジュリアン・シュナーベル

出演: ハビエル・バルデム, オリヴィエ・マルティネス,
ジョニー・デップ, ショーン・ペン, マイケル・ウィンコット

キューバの亡命作家レイナルド・アレナスの自伝小説の映画化。
ゲイの作家であるレイナルドは、カストロの独裁政権下に時代に作家デビューを果たし迫害を受ける。表現の自由をモットーとする作家からしたらこの状況は苦難としか言えないだろうと思う。作家として名声を得ればそれだけ声明に注目を浴びるのだから…。

この映画の良いところは、主人公の苦悩をユーモラスを交えつつシビアにもとらえたバランスの良さだと思う。
実際、2時間以上の作品なのにその長さを感じず、逆にもっと長くても十分鑑賞に堪えただろう。たとえば、レイナルドが亡命したあとのニューヨークでの生活、自由を求めた先アメリカでの幻滅をもっと観たかった。
しかし、才能ある作家のみじめで哀しい生涯がとても心に残った。


にほんブログ村 映画ブログへ


Posted at 21:49 | 映画ーヤ行 | COM(2) | TB(0) |
2008.07.08

ラスト・キング・オブ・スコットランド

ラストキング・オブ・スコットランド
監督: ケヴィン・マクドナルド

出演: フォレスト・ウィテカー, ジェームズ・マカヴォイ, ケリー・ワシントン
ジリアン・アンダーソン, サイモン・マクバーニー

ウガンダの元大統領で、大量虐殺を行い恐れられていたイーディ・アミン・ダダ。
彼の主治医として絶大な信頼を寄せられていたスコットランド人の医師の視点で描かれた政治サスペンス。

主人公の青年医師ニコラスは自分の恵まれた環境にむなしさを感じたかのように、ウガンダに向かう。
そこで、当時新大統領になったアミンと出会う。彼に気に入られたニコラスは、大統領の主治医としてアミンに任命された。
はじめはアミンのカリスマ性や、子供のように無邪気な一面を持つ意外性などから彼に惹かれていくニコラスだが、次第に残忍な大統領の実態を知ることとなる。

この作品でアミン大統領を演じ、アカデミー賞を受賞したフォレスト・ウィテカーの熱演は言うまでもないが、医師役のジェームズ・マカヴォイも負けていなかった。
この世間知らずの若造の医者は、一枚も二枚も上手のアミンに踊らされて権力の虜になる一歩手前まで行ってしまう。そして、次第に失いかけていた正義感を取り戻すのだが、少しも共感が持てなかった。むしろ、独裁政治家アミンの苦悩の方が理解できてしまった。ということは、ジェームズ・マカヴォイの演技が優れてたのだろうと、わたしはそう取ってしまうのだ。


にほんブログ村 映画ブログへ



Posted at 23:06 | 映画ーラ行 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.07

グッドフェローズ

グッドフェローズ
監督: マーチン・スコセッシ

出演: レイ・オッタ, ロバート・デ・ニーロ, ジョー・ペシ,
ロレイン・ブラッコ, ポール・ソルヴィノ

この映画何度観たことか。
特にマフィアものの映画が好きというわけではないのだが、つい見入ってしまう。
どこが良いのかというと、この映画独特のテンポの良さ、音楽、そしてジョー・ペシの怪演だと思う。
極悪でマザコンの、こてこてのイタリアンマフィアを嫌らしく演じており、見事アカデミー助演男優賞を獲得している。
本作のジョー・ペシを観るたび、こんな友達絶対いらない!と思う。あまりにも嫌らしすぎて笑けてくるほどだ。
デ・ニーロとジョー・ペシはスコセッシの作品になくてはならない存在だった。ちょっとワンパターン化はしていたものの、それでも映画を観る価値はあった。最近は3人ともパッとしなくなってしまったが…。


にほんブログ村 映画ブログへ



Posted at 20:40 | 映画ーカ行 | COM(0) | TB(1) |
2008.07.06

チャイナタウン

チャイナタウン 製作25周年記念版

監督: ロマン・ポランスキー

出演: ジャック・ニコルソン, フェイ・ダナウェイ, ジョン・ヒューストン


1937年のロサンゼルスを舞台にしたハードボイルドの傑作。
これまでたくさんのハードボイルド映画を観てきたが、本作が一番といっていい。
当時のジャック・ニコルソンはどんな役でも、ほかの俳優に食われることのないほど素晴らしい。しぐさやファッションがとてもかっこいい。
また、フェイ・ダナウェイも見事にファム・ファタールを演じている。

ストーリーも骨太で、見応え十分。
腐敗と汚職の街L.A.チャイナタウンでのラストシーン。大物の不正は暗黙の了解でもみ消される。主人公ジャックもちゃんと心得ている。でも腑に落ちない。
ちょっとした正義感が現れたが、結局はあきらめざるを得なかった。
「ここはチャイナタウンだから…」

にほんブログ村 映画ブログへ


Posted at 18:48 | 映画ータ行 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.05

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)
監督:オリヴィエ・ダアン

出演:マリオン・コティヤール , ジェラール・ドパルデュー,
カトリーヌ・アレグレ, パスカル・グレゴリー,
エマニュエル・セニエ, マルク・バルベ

去年映画館で観た映画で、本作が最も感動した。
久々に本当の「フランス映画」というものを感じた。フランス映画らしいというべきものと言う意味で。
実に値打ちのある映画だった。
最近の映画って、なかなか当たりがない。視聴者をナメているとしか言いようのない、どうしようもない駄作も多い中、とても重厚な、ドラマティックな素晴らしい作品だった。

エディット・ピアフのことを知らなくても、彼女の曲を知らない人はいないだろう。
劇中で流れる曲は聞き覚えのあある曲ばかり。
その名曲に彼女の波瀾万丈の人生を織り交ぜ、ピアフの喜びや哀しみが胸に伝わってくる。
激情型でわがままに思えるピアフだけど、実際は幼いときから得られなかった愛を求めているだけ。
やっとつかんだつかの間の愛する人を失い、それでも自分を求める国民のために歌うピアフ。
晩年の彼女の喪失感が哀しくもあり、また、最愛の人マルセルと過ごしたピアフはとてもかわいい女性でもあった。
バラ色の日々こそが女性を輝かせるのだろう。


にほんブログ村 映画ブログへ



Posted at 20:40 | 映画ーア行 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.04

アイズ・ワイド・シャット

アイズ ワイド シャット

監督: スタンリー・キューブリック

出演: トム・クルーズ, ニコール・キッドマン,
シドニー・ポラック, トッド・フィールド

いつもいい役しかしない俳優って好きになれない。
彼らが主役っていうだけで先が読めてしまうからつまらない。
トム・クルーズもその一人。

しかし、彼のファンなら幻滅したかもしれないけど本作のトム・クルーズは非常に良かった。
妻アリス(ニコール・キッドマン)に空想の浮気を告白され、ショックを受け嫉妬する情けない夫の役をこなしていた。
結婚して子供の母親である妻が違う男性とのセックスを考えるわけがないと思っている夫。それがたった一夜で終わったとしても、彼に誘われたら夫も子供も捨てただろうと激白されてしまう。

夫はそのことが頭から離れなくなり、自らセックスを求めて夜の街をさまよい、散々な目にあっていく。ただ、このストーリーは二日間の出来事なのだが、あまりにも非凡な内容であれは共感は呼べなかった。
あの秘密のいかがわしい集会のシーンさえなければ、とてもいい作品になっていたのにと思えてならない。あそこをカットすれば上映時間が2時間で収まったのに…。

それにしても、トム・クルーズはよくあの役をやれたと感心する。ラストの夫婦の会話の中に「永遠に…」と情けない夫が言う。即、「その言葉は嫌い」と妻にやり返させる。そう、妻は永遠なんてありえないということをちゃんとわかっている、口先だけだということを。
愛してるけど、それは永遠ではないのだ。

にほんブログ村 映画ブログへ


Posted at 19:43 | 映画ーア行 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.02

ハリウッドランド

ハリウッドランド

監督: アレン・コールター

出演: エイドリアン・ブロディ, ダイアン・レイン, ベン・アフレック
ボブ・ホスキンス, ロイス・スミス

1959年、スーパーマンを演じたテレビ俳優ジョージ・リーブスが謎の死を遂げた。
この映画は実話をベースに、エイドリアン・ブロディ演じる探偵がその死の真相を探る展開になっている。

物語ではジョージはすでに死んでいて回想シーンで現れるわけだが、探偵が調査をする現在とその回想シーンがとてもうまく交差していた。

エイドリアン・ブロディは若いながら、ハードボイルド映画を見事にこなしていたと思う。
また、ジョージ・リーブスを演じたベン・アフレックは最近一皮むけた感じがする。このまま主役にこだわらずいい役をやれば、マット・デイモンを超えられるかも…。

にほんブログ村 映画ブログへ

Posted at 19:33 | 映画ーハ行 | COM(0) | TB(0) |
2008.07.01

ブレイブ ワン

ブレイブ ワン 特別版
監督: ニール・ジョーダン

出演: ジョディ・フォスター , テレンス・ハワードニッキー・カット,
メアリー・スティーンバージェン, ナビーン・アンドリュース

この映画、結末をどう受け留めるかということで話題になり、ニール・ジョーダンが好きなので映画館まで観に行った。

チンピラに恋人を殺され復讐していくといった、ストーリーはありきたりで新鮮味はないが、ニール・ジョーダンらしさが漂い、それだけで観た価値はあった。

たぶん、ラストもほかの映画だったら突っ込みを入れたくなるだろう。
しかし音楽や雰囲気の良さ、ジョディー・フォスターが主役を演じたことで充分カバーできているので、続けて3回は観た。

ラジオのパーソナリティーである主人公が、恐怖はそれまで他人事だったと自分が遭遇した悲劇について語る。
今までは安全だと思っていた住み慣れたニューヨークが恐怖の街に変わってしまったのだ。
その語りがとても印象深かった。




Posted at 21:06 | 映画ーハ行 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。