--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.01

ブレイブ ワン

ブレイブ ワン 特別版
監督: ニール・ジョーダン

出演: ジョディ・フォスター , テレンス・ハワードニッキー・カット,
メアリー・スティーンバージェン, ナビーン・アンドリュース

この映画、結末をどう受け留めるかということで話題になり、ニール・ジョーダンが好きなので映画館まで観に行った。

チンピラに恋人を殺され復讐していくといった、ストーリーはありきたりで新鮮味はないが、ニール・ジョーダンらしさが漂い、それだけで観た価値はあった。

たぶん、ラストもほかの映画だったら突っ込みを入れたくなるだろう。
しかし音楽や雰囲気の良さ、ジョディー・フォスターが主役を演じたことで充分カバーできているので、続けて3回は観た。

ラジオのパーソナリティーである主人公が、恐怖はそれまで他人事だったと自分が遭遇した悲劇について語る。
今までは安全だと思っていた住み慣れたニューヨークが恐怖の街に変わってしまったのだ。
その語りがとても印象深かった。



スポンサーサイト

Posted at 21:06 | 映画ーハ行 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。