--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.08

ラスト・キング・オブ・スコットランド

ラストキング・オブ・スコットランド
監督: ケヴィン・マクドナルド

出演: フォレスト・ウィテカー, ジェームズ・マカヴォイ, ケリー・ワシントン
ジリアン・アンダーソン, サイモン・マクバーニー

ウガンダの元大統領で、大量虐殺を行い恐れられていたイーディ・アミン・ダダ。
彼の主治医として絶大な信頼を寄せられていたスコットランド人の医師の視点で描かれた政治サスペンス。

主人公の青年医師ニコラスは自分の恵まれた環境にむなしさを感じたかのように、ウガンダに向かう。
そこで、当時新大統領になったアミンと出会う。彼に気に入られたニコラスは、大統領の主治医としてアミンに任命された。
はじめはアミンのカリスマ性や、子供のように無邪気な一面を持つ意外性などから彼に惹かれていくニコラスだが、次第に残忍な大統領の実態を知ることとなる。

この作品でアミン大統領を演じ、アカデミー賞を受賞したフォレスト・ウィテカーの熱演は言うまでもないが、医師役のジェームズ・マカヴォイも負けていなかった。
この世間知らずの若造の医者は、一枚も二枚も上手のアミンに踊らされて権力の虜になる一歩手前まで行ってしまう。そして、次第に失いかけていた正義感を取り戻すのだが、少しも共感が持てなかった。むしろ、独裁政治家アミンの苦悩の方が理解できてしまった。ということは、ジェームズ・マカヴォイの演技が優れてたのだろうと、わたしはそう取ってしまうのだ。


にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト

Posted at 23:06 | 映画ーラ行 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。