--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.14

サルバドル

サルバドル-遥かなる日々-〈特別編〉
監督: オリバー・ストーン

出演: ジェームズ・ウッズ, ジェームズ・ベルーシ,
ジョン・サベージ, エルペディア・カリロ


実在のジャーナリスト、リチャード・ボイルは、落ちぶれ、金に困った末、手っ取り早くスクープを撮って金を都合しようと、内線の続くエル・サルバドルの危険な取材を試みた。

ところが現地では、セジュラという身分証明書を持っていないだけで一般国民が兵士に処刑されてしまい、また、子供がゲリラとなり戦っているといったひどい状態だった。
政府による不正と賄賂、無差別な殺戮…、それらをアメリカのメディアは商業的に、自らの損得のために報道している。

ジェームズ・ウッズ演じるリチャード・ボイルも最初は彼らと同じだった。しかも、知り合いを見つけては金や酒をせびるといっただらしのなさだ。
しかしそういったヤッピーな報道陣に反感を持ち、個人的な事件も絡んできてだんだん深みにはまっていく。そして最後には正義感なんかも芽生えてきてしまう。

ジェームズ・ウッズはチャラチャラしたごくつぶしの役を非常にうまく演じていた。
音楽も印象深く、オープニングはニュース報道のような心騒ぐもので、エンディングは物悲しくちょっと涙を誘われてしまった。


にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://coco511.blog43.fc2.com/tb.php/19-af5ec1a9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
さくらPaPa。*^▽^)σ 気ままなBlog です
大阪から発信しています。♪(゚▽^*)ノ⌒☆
遊泳中です遊びにお越しください大喜びします。o@(^-^)@o。
あなたのBlogにemoを貼ると面白い変化が「ココロ分析」
(^▽^笑)『 笑う門に福来る 』
Posted by 桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlife at 2008.07.14 20:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。