--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.15

髪結いの亭主

髪結いの亭主
監督: パトリス・ルコント

出演: ジャン・ロシュフォール, アンナ・ガリエナ, ロラン・ベルタン

ちょっと風変わりな少年アントワーヌは床屋に行くのが好きで、まだ髪が伸びてもいないのにせっせと床屋に通った。
シャンプーのときにちらっと見える女主人の豊満な胸がアントワーヌを床屋に通わせたのだ。そして、将来は髪結いの亭主になると決めていた。

大人になり、もう初老にさしかかろうとした彼はマチルドという美しい理容師に出会い、念願の髪結いの亭主になる。
二人だけの空間で愛のある幸せな日々を過ごす。
しかし、ラストに物語は意外な方向へと向かっていく…。

90分たらずの作品で観始めるとあっという間に終わってしまい、何ともいえない余韻が残る。
初めて観たときしばらくはほかの映画を観たくなかったほど感動してしまった。
歳をとってもまるっきり心は少年のままのアントワーヌ。最初のシーンで自分で髪を刈るシーンが結末を物語っていて、より哀しい。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://coco511.blog43.fc2.com/tb.php/20-17f349da
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2009.09.15 04:02 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2013.01.18 04:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。